< Member Profile >

 

DEE JAY BOZMORI DEE JAY BOZMORI
1998年、出身地である【横須賀】にて活動を開始。横浜なども含め多数のイベントに参加する。2003年、更なる飛躍を求め都内に上京。現在では中央線沿いを巻き込みつつ活動の幅を広げている。自身の根底として掲げている【オールドファンデーション】を重要視しながらも固定観念的な感性を排除したオーバーザボーダーなミックススタイルは様々な分野から好評価を獲得している。そんな魅力が存分に味わえる作品【CDタイトル】を2006年2月ピラミッドレコーズ第一弾としてリリース。活動は活発化する一方である。
   
DEME-DOPE! DEMI-DOPE!
『天は二物を与えない』という言葉があるが、DEMIに関して言えば解釈が異なる。天才的なセンス、スキルは決して与えられたモノではなく自らの努力でもぎ取ったものだ。もちろんそれはDJとしてだけではなく、類い稀なるスケートセンスにも言えることだ。そんな彼のDJ活動、スケートスタイルを支持する者は数知れない。現在DEMIは日本を代表するスケーター赤熊寛敬氏率いるReLaのライダーとして活躍し、数々のメーカーからスポンサーを受けている。完成度の高い技を武器にオリジナリティ溢れるスケートスタイルを確立させている。その活躍ぶりは国内外の雑誌、ビデオの他、スケートスクールやイベントにおいてのデモ等で目にすることが出来る。単なるカッコイイスケーターとしてだけではなく、スケート界を盛り上げるべく地道な活動も決して怠らない。そんな男気溢れるライフスタイルが周りの人間を惹き付ける。2005年2月に発売されたDEMI-DOPE MIX CD『LOW-HI』では実力の高さを実証済み。1曲1曲の特徴を充分理解した上でのmixingがされていることがよくわかる1枚だ。また彼独自のサウンドワールドを聴けるクラブプレイでは視覚、聴覚、感覚のどれを取っても楽しめるパフォーマンスを見せてくれる。バックグラウンドとなるストリートで培った様々な経験から成せる業が繰り広げられる。決して一つの枠に収まらず、多くのアーティストと共にイベントでコラボレーションなども行っている。彼のスタイルは他のアーティストと融合しても決して薄れたり、濃くなり過ぎたりはしない。それは自らの表現方法や相手のスタンスをきちんと把握した上で臨むからであろう。アンダラHIP HOPからHOUSEまで自由自在に操るDEMIの独特な選曲とスクラッチは偽りなしのカッコ良さがある。聴いた者の価値観をも凌駕する。今後のDEMIの活動から目が離せない!MIX CD第2弾も大いに期待したい!!
   
YAM CHANCE YAM CHANCE
魚座のO型オンザマイク、アグレッシブ且つリラックスに経て得たキャリアは未知数、今年の目標は、実りなるタネをまき音を楽しむ金字塔をそびえたたす
   
DISCO BOY J.U.N DISCO BOY J.U.N
最先端恐怖症企画レペゼン!
横須賀出身のDJ兼トラックメーカー!
プロデュース作品はイルムラのアルバム3枚、
モトイのDAYRemix、ジャンボヘリコプターZアルバム。
スケートボードDVD『UNBOUND』、MTV PINKS、ムチャ撮りDVDなどの挿入曲も作成。
DJプレイはオールジャンルの泣きあり笑いありの男汁ブッコミスピン!
好きな言葉は毎日磨こうスニーカーとスキル!
   
TUCCA TUCCA
STYLE:FUNKY DIRTY SEXY
   
Dj Koji Flipcut
1984年神奈川県、横須賀市生まれ。
ターンテーブリストでありサウンドクリエーター。スクラッチ、選曲、作曲に於いて抜群のセンスを持ち、独創性のある作品を作り上げる。

2006年 PYRAMID RECORDZの一員として神奈川県、横須賀を拠点に活動開始。のち東京中野HEAVY SICK ZEROを中心に東京、神奈川、千葉、富山、熊本でLiveを展開。
2008年 MIXCD『THE SOLAR ECLIPSE』をPYRAMID RECORDZからリリース。
2011年 熊本に拠点を移す。
2013年 Roland MV-8000によるBeat live始動。
2015年 アートレーベル『SINONOME』を写真家,児島由季子と共に立ち上げる。
2015年 MIXCD『THE SOUL HACKER』をSINONOMEからリリース。

これ以外にもスケートボードの映像作品や歌手へ、楽曲提供などもしている。
   
万寿 万寿
from.HOOLGANZ、神奈川は横須賀に拠点多くソロマイカー。海と山に囲まれた陸の孤島ともいえる自然と、アメリカのベースキャンプがストリートに混在する独特な雰囲気を持つそんな街に拠点を置く。
数々の現場で叩き上げられた確かなライミングスキルはHEADZはもちろん、同業者からも大きなPROPSを得ており、その噂はたちまち各地に飛び火。2009年にリリースした1stALBUM「THE FLAG」は一切客演をせず、大きな流通ににも頼らないインディーズ作品ながら、発売後SOUL OUTする店舗が続出。
その後様々な音源への参加、時にREGGAEの現場、ROCK BANDとのセッション、日本最高峰のMC BATTLE 、ULTMATE MC BATTLEでも数々の好成績を残すなど多岐に渡り活動の幅を広げている。2011年に発表した2nd ALBUM「RAP LA BOOGIE」では1stから大きな進化を見せつけシーンの中心へのエントリーを確かなものとした。
2012年はかつてからの盟友、HAIIRO DE ROSSI、TAKUMA THE GREAT、BANと手を組んだ「HOOLIGANZ」の活動も本格化。1st ALBUM「S.K.I.L.L.Z」は自身が歌う通りCLASSICと騒がれ、今も尚高セールスをマークしている必聴盤となった。
そのオリジナルなRAP STYLEは日頃、周りにいる様々なフィールドで活動する仲間の影響が強く、REGGAE、HARD CORE、SKATER、SURFFER、ART、HARD DIGGERなどのSTREETに点在する多くのサブカルチャーと隣り合わせにある状況が自然と体に染み付き今のSTYLEとなった。泥臭くいなたいヒップホップが今踊り出す。





Copyright 2006 PYRAMID RECORDZ All rights reserved.